「国策=核燃サイクル」を問う

「国策=核燃サイクル」を問う

「国策=核燃サイクル」を問う ―今、宗教者として―

 編集・発行 原子力行政を問い直す宗教者の会

1996年6月10日

 販売価格 1000円

 

 

 

 

 

目 次
巻頭言

 1 第3回 「六ヶ所」全国集会の記録  
   開会挨拶  坂井 留吉 
  祈り  大和 永乗
   趣旨説明 梅森 寛誠 
  発題1 長田 浩昭 
  発題2  千葉 仁子
  発題3  岩田 雅一 
  発題4  朴 在完 
  講演「六ケ所の50年  鎌田  慧
  報告 六ケ所の現状 菊川 慶子 
  現地の人々との交流会   
2 寺下力三郎 元村長インタビュー   
  国家に対峙した人・寺下力三郎   
  「国策」と宗教ー六ケ所集会を受けてー  
  キリスト教の問題  東海林 勤 
  大本の平和運動とその課題  森田 善久 
  一仏教徒として  梅森 寛誠 
4 資料   


あとがき
巻 頭 言     集会代表  岩田 雅一

 国家とは、いったい何か。

 「それは軍隊と監獄に典型的に顕現する一つの力であって、それを具体的に考察することなしには、いかなる国家論も空文と化す」,71高橋和巳。
 「国家とは暴力支配であり、非キリストである」 
    三里塚・芝山連合新東京国際空港反対同盟委員長 戸村一作

 これら国家と「向き合う」思索、闘争を経験した者にして、はじめて、このような「本質把握」をなしうるのであろう。

 今年、三里塚闘争30周年ということで、私は求められて以下の連帯メッセージを送った。

「私が『三里塚』に見てきたのは、日本という国家が、国益や公共の福祉の名のもとに、民主主義の否定というか、およそ民主国家に値しないこの国の現状を作ってきたということでした。つまり、『国家が絶対』という過った思想の実践を三里塚で大々的に展開し、農民から土地を暴力的に収奪し、抵抗するものを権力で排除・弾圧し且つ断罪したという事実。すでに論理破綻をきたしている事を、ただただ国家の威信のためにしてきた強権的国家の姿、それゆえに国家の破産というほかない事態でした。『国家犯罪の典型的な事例』である新国際空港建設に対し、30年間果敢に闘ってこられたことに敬意を表します。しかしまた、すべて『基地』と名のつく場におけるこの国の現状は、どこも同じです。どうか志を高く掲げ、闘いを持続してくださいますように」

 《六ヶ所核燃料サイクル施設》は、国のエネルギー政策の根幹的事業、基本政策として重要な位置を持つ。それは施設というよりは、本質からして「基地」であり、国の政治・経済戦略上重要な拠点であって、「六ヶ所」は「成田」や「沖縄」と連動している。プルトニウムの段階で、原発問題はすでに「エネルギー問題」の域を超え、軍事と一体化した「日本の大国化・核武装化」の方向を明確に取るものと見うる。

 1995年7月、「原子力行政を問い直す宗教者の会」は、このような「六ヶ所村」で、第三回全国集会を開催した。「戦後50年」という年、「六ヶ所村」で開催したことは、はかりしれなく大きい意義をもったと思う。かつて富国強兵、大陸への侵略戦争に発展した日本の近代化、そして戦後、侵略として地方を襲撃した巨大開発。それら国策に翻弄され犠牲とされ、現在は「膨大な核のゴミ投棄」、世界に突出する高レベル・再処理など、矛盾と危険の一大集積化が日々進行する六ヶ所村…。

 私たちは、「“今、宗教者として”現地住民の止むに止まれぬ訴えに呼応し、歴史に肉薄し、共々に重い課題を担っていくためのはじまりとしたい」と願って集会を持った。結果として、私たちが願いまた志したことに遠く及ばなかったかもしれない。しかし、《「核燃サイクル」は、責任を回避して、地元の人々を圧殺する、国家の犯罪行為である。≫と宣言文に明確に述べることができた。
 集会代表として、私は今、「一つの責めを果たした」心境である。

あ と が き

★ 六ヶ所集会から、一年が過ぎようとしている。昨年同様に、この一年、いろいろな事があった。しかも、「国」というものの根幹を揺さぶることばかりである。新潟・巻町の住民投票条例の可決。「もんじゅ」の事故。そして一方において、沖縄の基地問題、薬害エイズ訴訟。どの問題も、根幹においては同じ質を持っているように私には思える。それは、国家と民衆。「国」というものによって踏み続けられてきた民衆の声が、初めて多くの国民の耳に届いた事件だと位置付けていいのではないだろうか。

 薬害エイズ訴訟の原告の一人、川田龍平君は
「たくさんの仲間たちが殺されてきた。僕はもっと生きたい。生きて、この国をもっと責任をはっきり認める社会にしたい」
と言った。また沖縄の高枚生、仲村清子さんは
「沖縄の人々は基地がある故の弊害だけを問題にしているのではないのです。誰かに押し付けたいとも思っていません。だってそれでは悲劇を増すだけですから」
と訴えた。この若者たちの叫びは、六ヶ所の人々や各地の原発立地地区住民の思いとも共通するものである。これらの声を「いのちの叫び」として受け止め、その責任を担っていくところに人間としての使命があるのではないか。

★ 編集も大詰めになった頃、電話が鳴った。珠洲市に住む祖母の死を知らせる電話だった。明治、大正、昭和、平成という時代を生き、5月の冷たい雨に打たれながら、95年の人生を川の水の中で終えていった。なぜ、祖母が夜中に川に入ったのか、それはもう知るよしもない。しかし、私は自殺だと受け止めている。かと言って、祖母を責めているわけでも、誰かを責めているわけではない。ただ、自殺だと思う。同時に、不謹慎だと言われるかも知れないけれど、「祖母らしいなあ」とも思う。

 珠洲市の農村地帯に生まれ育った祖母は、実に真面目な実に気丈な人であった。一生懸命に田を守り、家を守り、ある意味では自然を尊び生きたのだと思う。そして、人に迷惑をかけないという信条は、息を引き取るその瞬間まで貫いた。病院のペットで祖母が言った、「生きとることが、みっともない(恥ずかしい)…」という言葉が忘れられない。

 また、自然を尊びながら、孫たちの顔を見ると「こんなサザエの尻尾のような所では、出世はしない。都会に出ていっぱいお金を儲けるんやぞ…」と言い続けたのも祖母であった。それは同時に、慎しいながらも豊かな自らの生活を卑下することにもなっていた。

 それらは明治以降の教育の成果であり、この国の価値観が生み出した悲劇であり、必然であるのだと思う。近代という時代は、アジアの人々を侵略し、多くのいのちを奪った。そして、その価値観は同時に、私たち自らの“いのち”をも奪っていくことを、祖母は私に教えていったのではないか。そしてその祖母の一言一言から、私は原発を誘致する土壌があることを感じ続けてきたのです。

 原発立地地域には、そのような自己矛盾が渦巻く。だからこそ、その珠洲市の農村地域が、原発を推進する勢力の最も大きな地域と化してしまっている。その3年前に行なわれた珠洲市長選挙が無効となり、再び選挙戦が始まろうとしている。

 確かに、この国の国策は揺らいでいる。一人のいのちが尊ばれる国を願って、選挙戦に入ろうと思います。

★ 最後になりましたが、出版にあたって多くの方々にご迷惑をおかけしました。特に、結成集会の報告集に引き続き、表紙のデザインをお願いした久万寿恵美さん、そして滋賀凡愚舎の岸本恵さんには何度もお手数をかけてしまいました。そして、私の連れ合いや、岩田氏、藤井氏の連れ合いさんをはじめ、テープ起こしから編集、出筆と何らかのかたちで直接時間を費やしていただいた方々のご家族には、様々な負担をかけたことと思います。ここに厚くお礼申し上げます。

長田 浩昭

« »