原子力と地球温暖化

原子力の場から視た地球温暖化

 京都大学原子炉実験所の小出裕章さんが、「環境問題研究会」例会用に作成した」というタイトルの資料を下記ウェブサイトにアップされました。ぜひお読みいただきたくご紹介いたします。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kyoto0210.pdf
 
 地球温暖化(気候変動)の原因は、自然現象や、因果関係も逆転することもことも含め、複雑jな要因が絡み合っています。しかしいずれにしろ、先進工業国と呼ばれる国の工業生産活動が、他の問題を含め自然破壊の圧倒的な原因であることは間違いありません。また、原子力自体が、放射能や廃棄物で莫大な環境負荷を与えている上、海水を温めていることの問題も指摘されています。
目次

Ⅰ.地球温暖化と原子力
  京都議定書と炭酸ガス排出権
  原子力発電もまた大量の二酸化炭素を放出する

Ⅱ.原子力利用が放出する二酸化炭素の本当の量
  放射能のごみを生み出す全体像
  ウラン残土すら始末できなかった日本
  どうにもできない使用済み燃料

Ⅲ.地球温暖化問題の本質
  地球温暖化と二酸化炭素との関係
  地球温暖化の要因には自然要因もあるし、人為要因もある
  
Ⅳ.環境破壊の本質
  エネルギーと寿命
  地球の歴史と人類の歴史
  人類の贅沢の陰で絶滅する生物
  環境破壊の責任はごく一部の「先進国」にある
  世界の国々の平均寿命
  危機的な日本の環境
  厖大な温廃水
  少欲知足

«

コメントは受け付けていません。