掲載新聞記事(福井新聞)’93.7.6

hukuishinbun1_930706 反原発に宗教者結束 全国の三百人

きょう敦賀で「会」結成

 反・脱原発を目指す全国の宗教関係者が六日、敦賀市に集まり「原子力行政を問い直す宗教者の会」を発足させる。高速増殖炉「もんじゅ」の初臨界を前に、核武装につながりかねない現在のプルトニウム政策に対して反対行動を強めていくという。

 世話人の一人で小浜市門前、明通寺住職、中嶌哲演さん(51)=原発反対県民会議常任幹事=によると、全国各地の宗教関係者約三百人が宗派を越えて賛同している。このうち八十人は昨年十月、通産省などに国のプルトニウム政策をただす行動を行っている。新しい会の発足は「第二次大戦な ど日本が犯した過去の過ちの際、あまり声を上げてこなかった宗教者自身に対する問い掛けでもあるという。

 六日午後二時から、敦賀市の敦賀労働福祉会館で結成大会を開く。中嶌さんらが基調報告を行った後、各地で展開されている反原発の取り組みについて報告を受ける。二十七都道府県から約九十人の参加を見込んでいる。

 七日は同市白木のもんじゅを見学し、職員との質疑を行う。もんじゅの運転阻止に向け、同市に対して申し入れを行う。

 中嶌さんは「平和に敏感な宗教者としては、国が進めるプルトニウム政策に大きな危機意識を感じている。子孫の命を守るため宗派、信条を超えて一致できた。会は緩やかなネットワークとして各地での独自の取り組みを重視していきたい」と話している

« »