第3回 「六ヶ所」全国集会/掲載新聞記事・仏教タイムス’95.8.3

仏教タイムス950803

       原子力行政を問い直す宗教者の会
      六ヶ所村で集会
          韓国から反原発カトリック神父らも招き

 宗派を越えた宗教者で作る「原子力行政を問い直す宗教者の会」(集会代表=岩田雅一・板井基哲氏)の第三回全国集会が、七月三日から五日にかけ青森県六ヶ所村で開催、韓国から招いたカトリック神父らを含め九十五名が参加した。

 六ヶ所村は今、国の手で「核燃サイクル」事業が強力に推し進められている。四月には高レベル放射性廃棄物が搬入された。同会ではこの地に集約的に現れている問題を、「『国策=核燃サイクル』を問う―今、宗教者として」のテーマで捉え集会を企画した。

 集会は、四氏による発題、話し合い、「原燃」敷地内の視察、ルポライターの鎌田慧氏の講演、地元の運動との交流、村内行進、村及び「原燃」等との交渉や対話などと共に、祈りの時間を設け異なる宗教者の言葉に思いを共有した。

 石川県の長田浩昭氏(真宗大谷派)は「日本の原発は国策で動いている。誘致する側のお上意識が根強く、またそれを植え付け、国策・棄民政策を推進してきた責任が教団にある」と、国策を掲げる経緯や背景について自己とのかかわりから述べた。

 弘前市の千葉仁子氏(日本基督教団)は、「寺下訴訟」(国=「原燃」が寺下元六ヶ所村村長を侮辱した事への謝罪と名誉回復を求める訴訟)を通し、旧日本軍と変わらない国の体質を指摘。八戸市の岩田雅一氏(同)は、日本のプルトニウム政策の本質を述べ、「原子力共栄圏」の中枢に位置づけられた六ヶ所村やアジアの人々との連帯を訴えた。

 韓国の霊光(ヨングァン)原発現地から招いたパク・ジェワン神父は、「私だけで反核運動をやってきたのではない」と、六名の信者を伴って来日。「私の反核運動は知識ではなく、『聖霊』でやっている。宗教者はどこに立つか(民衆の側に立っているか)問わなければならない」と。

 二日日は広大な核燃サイクルの現場に立ち、各自が国策を肌身に捉えた。その後鎌田慧氏が「六ヶ所村の五十年」で講演。かつては満州に武装農民として入植(侵略への加担)、戦後は二度目の入植地を「開発」に追われた村民の歴史は、国策の本質を表す。国策に宗教者はどう対抗できるのか。鎌田氏は「個々が個人として立って責任を持っていくこと」と指摘した。

 三日日は村内行進デモと交渉。集会宣言文は、国策=核燃サイクルを犯罪行為と非難すると共に、「私たち宗教者は戦争時の加害者としての責任を深く問うことをせず、戦後はむしろ被害者としての意識や行動に甘んじてこなかったか」と自問。そして、核燃サイクルによって六ヶ所村がアジア諸国に対して加害者になることを強いられることを踏まえ、「加害者としての過ちを自覚して、アジア諸国に真摯に謝罪し、責任を取らなければならない」と誓った。

 

« »