第3回 「六ヶ所」全国集会/掲載新聞記事・抜粋 東奥羽日報’95.74

第3回全国集会記事東奥羽日報

     核燃の問題点を提起
               六ヶ所・原子力行政を問う全国集会
            国内外から100 人が参加

 「原子力行政を問い直す宗教者の会」の全国集会が三日、三日間の日程で、六ヶ所村泊のやまいちホテルを会場に始まった。初日は、核燃料サイクル事業に関する問題提起などを行った。

 集会は今年で三回目。今回は八戸市の岩田雅一(日本キリスト教団)、六ヶ所村の坂井基哲(立正佼成会)両氏が集会代表となって同村で開いた。韓国人7人、フィリピン人一人を含む約100人が参加した。

 テーマは「国策=核燃サイクルを問う」。集会代表の岩田さん、石川県の長田浩昭さん、韓国から参加した朴在完さん、弘前市の千葉仁子さんの4人が問題提起や意見発表を行った。

 長田さんは満州開拓、高度経済成長、原子力政策などを例に挙げ「国策はだれを犠牲にするかを決めるところから始まる」などと述べた。千葉さんは、元六ヶ所村長の寺下力三郎さんが日本原燃などを相手取って起こした肖像権侵害訴訟を紹介し、「寺下さんの受けた侮辱は核燃反対者への攻撃」とした。さらに、「核のごみは発生者に返すべきだ」と訴えた。

 四日は核燃施設視察、弘前出身のルポライターで「六ヶ所村の記録」の著者・鎌田慧さんの講演、地元住民を交えての意見交換などを行い、集会宣言文をまとめる。宣言文は要望書として五日に村、日本原燃、科学技術庁青森原子力企画調整事務所、十日に県に対して提出する

« »