ニュース

「2018松山全国集会」のご案内

原子力行政を問い直す宗教者の会
「2018松山全国集会」のご案内

純粋に〈いのち〉を愛する市民と宗教者が対話・交流する集会です。

「考えてみると世間の大部分の人は悪くなることを奨励しているように思う。悪くならなければ社会に成功はしないものと信じているらしい。たまに正直な純粋な人を見ると、坊っちゃんだの小僧だのと難癖をつけて軽蔑する」(夏目漱石『坊っちゃん』より)

●日 程● 9月10日(月)14時半~12日(水)12時

●場 所● 松山市(エスポワール愛媛文教会館)・伊方町・八幡浜市

●参加費● 1日 1,000円(詳細は留意事項をご参照下さい)

●内 容● 講演①          
10日 15時半~17時    
「ハミガキするように社会のことを考えよう
~原発事故取材報告」
おしどりマコ・ケン さん(芸人・記者)

講演② 
10日 17時半~19時
「地震断層と伊方原発」
小松正幸 さん(愛媛大学元学長/地質学)  

講演③
11日 18時半~20時
「甲状腺がんの子どもたちは今」
白石 草 さん(OurPlanet‐TV代表理事)

【開 催 主 旨】
 私たち「原子力行政を問い直す宗教者の会」は1993年の設立以来、原発・核の問題を宗教者として大切な課題として、宗教宗派を超えたが立地する現地に身を運び人々の声を聞くことを大切な課題として、全国集会を重ねてまいりました。その回数は10回をこえております。一昨年来、四国地域において当会メンバーと地元の仏教及びキリスト教関係者との交流が深まり、このたび四国で初めて全国集会を開催することになりました。

 愛媛県の佐田岬半島に立地する伊方原発は、いろいろな意味で象徴的な原発と言えます。当初より専門家が活断層の存在や中央構造線の活動を指摘しても、無視されて強引に建設が進められました。豊かな漁場に恵まれ、海洋交通も発達した地域伝統の「海の生活」を奪う権力(国策)による横暴について、電力を使う立場の都会住民は知ろうとすることもないまま…。
 半島の奥には5千人もの人々が住んでおられます。南海トラフ巨大地震が心配され、避難計画の現実性も問われています。
 原発近くに米軍ヘリが墜落する事故(1988年)や、1号機の最高裁における棄却判決(1992年)が出された歴史を経て、今、昨年12月の広島高裁での仮処分により3号機は本年9月末まで差し止めになっています。1・2号機は既に廃炉決定されており、3号機が廃炉になれば四国電力は原発を全機断念した電力会社になります。二日目はそんなホットな現場まで足を運び、現地の人々と交流する時間を設けます。

 メイン会場でのプログラムでは、市民の皆さまと肩の力を抜いて原発について語り合える場を願い、音曲漫才のおしどりマコ・ケンさんをお招きいたしました。また、地震の問題や福島原発事故での被曝実態についても学びます。
どなたさまも(宗教の有無や違いを超えて)、純粋に〈いのち〉を愛する人々はこの9月松山に集いましょう!

市民と宗教者が対話・交流する集会です。

■ 9月10日(月)
14:00 受付開始
14:30 開会 挨拶
15:00 趣旨説明・オリエンテーション
15:30 講演①「ハミガキするように社会のことを考えよう~原発事故主題報告(おしどりマコ・ケンさん)
17:00 休憩
17:30 講演②「地震断層と伊方原発」小松正幸さん
19:00 休憩
19:30 夕食(パーティ形式)
20:30 中締め

■ 9月11日(火)
8:00 朝食
8:30 伊方原発へ移動
10:30 正面ゲート前座込みと四国電力への申入れ
12:00 昼食・地元の方々と交流会(八幡浜市内)
15:00 メイン会場へ移動
17:30 夕食・休憩
18:30 講演③「甲状腺がんの子どもたちは今」(白石 草さん)

■ 9月12日(水)
8:00 朝食
9:00 全体会
10:30 閉会

午後 愛媛県庁へ申入れ

13:00

講演① おしどりマコ・ケン さん
2003 年結成の音曲漫才(よしもと所属)。福島第一原発事故後、東京電力の記者会見を取材し続け(回数は800回を超える)その他様々な取材をし、いろんな媒体で発表。その正直で純粋な活動は、ドイツやスイスにジャーナリストとして招かれるなど世界的評価を得ている。平和・協同ジャーナリスト基金2016奨励賞受賞。

講演② 小松正幸 さん (こまつまさゆき)  
新潟大で16年、愛媛大で22年地質学の教鞭をとり多くの専門家を社会に送り出した。専門は島弧高温型変成帯の岩石学と地体構造論。愛媛大学では理学部長、副学長、
学長を、学会では日本地質学会長、学術会議会員を勤めた。
現在、安保法制の廃止を求める愛媛の会代表幹事。

講演③  白石 草 さん (しらいしはじめ) 
放送局勤務を経て、2001年に非営利の独立メディア「OurPlanet-TV」を設立。
2014年、ドキュメンタリー『東電テレビ会議49時間の記録』で「科学ジャーナリスト大賞」を受賞。
著書に『ルポ チェルノブイリ 28年目の子どもたち』(岩波ブックレット)など。

●メイン会場●
エスポワール愛媛文教会館
住所:松山市祝谷1丁目5-33
電話:089-945-8644

【アクセス】
伊予鉄道「道後温泉駅」 徒歩約10分

☆松山空港から
空港バス(道後温泉駅前行)約40分
☆JR松山駅から
伊予鉄道(道後温泉駅行)約20分

●留意事項●

◆松山の会場までの交通手段は、往復ともに各自で確保ください。
二日目(9月11日)の伊方原発までの往復は、事務局で乗り合せの手配をいたします。
◆宿泊は、エスポワール愛媛文教会館を全室貸切で仮予約してあります。8月末日までにお申込み下さい。相部屋利用に抵抗がある方(個室ではありません)や、定員に達した場合は、各自で別の宿を予約下さい。会場の周辺には、ホテル「メルパルク松山」や「にぎたつ会館」(公立学校共済組合道後宿泊所)など宿泊施設は多数あります。
◆集会の参加費用は、以下の通りです。当日お納め下さい。
   全日程参加(宿泊付き) 15,000円 …朝食(11日・12日)夕食(11日)の費用を含む。
全日程参加(宿泊なし) 2,000円
10日のみ参加 1,000円 10日パーティー参加 2,000円
11日のみ参加 1,000円 12日参加 無料

●「2018松山全国集会」参加申込書●
氏名(ふりがな)                  
性別
所属
住所 〒

電話
E-mail

※申込内容をチェックしてください。
参加日程 □10日 □パーティー(10日夜) □11日 □12日
エスポワール愛媛文教会館宿泊  □10日 □11日

※郵送・FAX・メールにてお申込みください。
   
問合せ・申込み先:
〒112-0002 東京都文京区小石川3-4-14 見樹院内
大河内秀人 03-3812-3711 
携帯090-3213-4575
FAX:03-3815-7951 
E-mail:hit@nam-mind.jp

2018年度「夏休み寺子屋合宿」家族名簿入力フォーム

2018年度「夏休み寺子屋合宿」参加者様用の「家族名簿入力フォーム」を
公開致しました。参加者の方はご入力お願い致します。

2018年度「夏休み寺子屋合宿」家族名簿入力フォーム

2018年度「夏休み北海道寺子屋合宿」の募集は締め切りました。

2018年度「夏休み北海道寺子屋合宿」の募集は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

「2018年度 夏休み北海道寺子屋合宿」の応募フォーム開設いたしました。



「2018年度 夏休み北海道寺子屋合宿」の応募は下記リンクからお申し込み下さい。



2018年度応募フォーム


日程等の詳細は「2018年「夏休み北海道寺子屋合宿」ご案内 」からご確認下さい。


締め切りは5月末日となります。



よろしくお願い致します。

2018年「夏休み北海道寺子屋合宿」ご案内

原子力行政を問い直す宗教者の会
2018年度 夏休み北海道寺子屋合宿 ご案内
寺院・教会・関係施設で宿泊を提供、仙台港〜北海道滞在先への往復は当会が負担
団体(部活・サークル・地域団体等)随時受付

 宗教宗派を超えた緩やかな全国ネットワークである「原子力行政を問い直す宗教者の会」では、子どもたちが少しでも放射能から守られることを願い、関係寺院・団体等の協力を得て2011年から毎年「夏休み北海道寺子屋合宿」をおこなっております。
 以下、本年度の一般(ご家族等)参加者に関する募集概要をご案内申し上げます。
 部活動、スポーツ・文化サークル、地域団体などにつきましては随時個別にご相談下さい。

 

■対象  東京電力福島第一原発事故の影響による放射線量の高い地域(関東圏を含む)に住む子どもとその家族、またはその地域から母子避難している子どもとその家族。
滞在先で自家用車またはレンタカーを運転して移動・生活が可能な方。
母または父一人での引率が困難な場合、祖父母等の同行も可能です。

 

■日程(仙台港発―船中泊―苫小牧港着―札幌センター2泊―各滞在先-苫小牧港発―船中泊―仙台港着)
 ※定員はフェリーの座席数です。就学前の子どもは同伴者1人につき1人まではカウントされません。
  第1期(定員20名) 7月21日(土)- 7月29日(日)[9日間]
  第2期(定員20名) 7月26日(木)- 8月5日(日)[11日間]
  中 期(定員10名) 7月21日(土)- 8月5日(日)[16日間]
  長期①(若干名) 7月21日(土)― 8月22日(水)[33日間]
  長期②(若干名) 7月26日(木)― 8月22日(水)[28日間]
  ※中期・長期は自家用車でのご参加に限ります。
【往路】仙台港19:40<太平洋フェリー>翌日11:00苫小牧港【復路】苫小牧港19:00 <太平洋フェリー>翌日10:00 仙台港

■交流プログラム 苫小牧港到着後、札幌の東本願寺北海道青少年研修センター滞在中(2泊)、参加者とスタッフ・現地協力者との懇親・レクレーションや学習企画などに参加していただきます。
■滞在地 ①東本願寺北海道青少年研修センター(札幌市)

②協力寺院・教会等 … 札幌市、千歳市、旭川市、赤平市、深川市、名寄市、上川郡、勇払郡、夕張郡、虻田郡、他

■集合/解散 仙台港 ※フェリーターミナル2階で待ち合わせいたします。
渡道期間中、仙台港での駐車はできません。

 

甲状腺検査について
当会では、昨年度まで甲状腺検査を実施していましたが、今年度より福島及び近県における甲状腺検査実施の情報を提供することとし、保養期間中の検査は致しません。滞在中に道内での検査を希望される方には連絡先をお伝えいたします。

▼当会及び現地協力者がご提供するもの
 ◆仙台-苫小牧間フェリーの往復乗船料。苫小牧―札幌―滞在先―苫小牧間の移動。
 ◆期間中の宿泊(寺院・教会、関係施設)(団体・グループ、家族の構成等によって調整いたします)
  ☆滞在・宿泊施設は協力寺院等に無償提供していただき、参加者の宿泊費負担はありません。
  ☆宿泊先が複数になり、途中移動をお願いする場合もあります。
  ☆原則、グループでご参加の場合を含め、ご家族の場合は家族ごとの個室。
  ☆自炊のできるキッチン、調理用具、食器類。
 ◆現地滞在中の移動のためのレンタカー。
  原則として、家庭ごとにレンタカー(ナビゲーション付)を手配します。借用料は当会が負担します。
 ◆自家用車を持ち込みの場合は、フェリー搭載料金を負担します。

▼参加者にご負担いただくもの
 ◆仙台港から滞在先までの往復の移動中を含め、食事は原則として自己負担です。
 ◆滞在先での食材。
 ◆銭湯料金(当会規定により一部補助)
 ◆洗濯はコインランドリーをご利用いただく場合があります。
 ◆道内での移動における燃料費、通行料等。
 ◆観光・アクティビティ等を含め、滞在中の生活費。

▼滞在先での過ごし方

◆滞在先寺院・教会等の行事への参加不参加は自由です。
 ただし、札幌の東本願寺青少年研修センター滞在期間中は交流プログラム等に参加して下さい。
 滞在先寺院・受入地域団体等による現地での交流会・観光・アクティビティ(ご相談の上、一部実費徴収の場合もあります)をご提案する場合もあります。滞在先決定後、直接調整していただきます。
 ◆滞在先寺院・教会等の行事への参加不参加は自由です。

■参加申込方法 ※応募者多数の場合は抽選になります。

▼一般申込期間 2018年5月10日~5月末日

▼申込受付  申込フォームにてお申込み下さい。
原子力行政を問い直す宗教者の会  http://mukakumuhei.com/
※申込開始に合わせて、専用の電話回線を設置し、専任スタッフが対応いたします。

▼申込受付から参加まで(おおよその流れ)
①申込受付
⇒②参加者・滞在先決定(6月中旬)
⇒③参加者説明会の開催(6月30日)=参加同意書提出
⇒④参加者自身から滞在先への直接連絡の上で確認と調整
⇒⑤引率担当者から最終確認連絡(7月上旬)

 

【主催・問合せ先】
原子力行政を問い直す宗教者の会 http://mukakumuhei.com/
東京事務所 〒112-0001 東京都文京区小石川3-4-14 見樹院内(大河内秀人)
問い合わせ:2018terakoya@gmail.com

―協力団体― 当事業は協力団体及び当会関係者等の寄付金・募金によって実施しております。
真宗大谷派(東本願寺)、浄土真宗本願寺派(西本願寺)、札幌市仏教連合会、空知真宗教団連合、日本基督教団、日本バプテスト連盟、日本福音ルーテル教会、一般財団法人ありがとうインターナショナル(妙智会)、真言宗御室派 他

1 2 3 4 5 6 >