宗教者の会「再稼働に反対を」/朝日新聞2012.5.31

20120531asahifukui4c

5月30日に行われた大飯原発再稼働反対の 要望書提出の様子が、朝日新聞に掲載されました。

以下記事全文

宗教者の会「再稼働に反対を」
知事に要望書提出

 仏教、キリスト教など宗派を超えた県内外の宗教者でつくる「原子力行政を問い直す宗教者の会」が30日、西川一誠知事宛てに 関西電力大飯原発の再稼働に同意しないよう要望書を提出した。

この日は僧侶ら約100人が集まり、再稼働をめぐって 雇用や電力供給、技術面の安全性ばかりが議論されていると批判。 福島第一原発事故の悲しみを共有すること、住民と労働者の 被曝が前提となる原発再稼働の「愚かさ」に目を覚ますよう要望。明通寺(小浜市) の中嶌哲演住職は「原発に依存しない県づくりを共に考えたい」と訴えた。
要望書を受け取った県原子力安全対策課の岩永幹夫課長は 「原発の安全性を確保できるよう(国に)求めたい」と答えた。
福島から坂井へ避難の僧侶訴え
「安全神話信じたふり」

福島第一原発の事故後、坂井市丸岡町に避難した 同慶寺(福島県南相馬市)の僧侶、田中徳雲さん(37)もこの日、 県庁への要望に加わった。<br>
田中さんは永平寺で修行した縁で、妻と小学生、幼稚園の子ども 4人と福井に避難。檀家の多くが残る福島と行き来しながら 悩みを聞く日々だ。多くの人は「原発で少々町は潤ったかもしれないが、 取り返しのつかないことが起こった」と嘆いているという。<br>
国内最多の原発が立地する福井への避難には 複雑な思いもあった。田中さんは「福島では安全神話を信じたふり、 寝たふりをしていたが、無理やり起こされた。福井はまだ寝ている。 福島のような苦しみが起きる前に、一歩を踏み出さないといけない」 と話した。

« »