全国では非常事態宣言が徐々に解除されているものの、新型コロナウィルスの感染拡大の第2波、第3波の懸念が払しょくできない中、今年の夏休み北海道寺子屋合宿は実施しないことといたしました。
低線量被曝地域に暮らす子どもたちにとって、新たな不安要因も増大し保養の必要性はむしろ高まっている中で、今後状況が好転することを願いつつ、来年度の開催に向けて検討を続けてまいります。